断捨離は酷いよ。なかなか捨てられないだし

ボクは、天命に対して困惑を持ち合わせる。だから断捨離ができない。
中でも衣服。天命、衣服すら着れなくなったら面倒じゃないか。
衣服を貰うのにお金がかかったら、悔しいじゃないか。
費用はあるのに、お金が切れるんじゃないかっていう不安がある。
それが怖いのだ。
でも、それじゃあミニマリストにはなれないな。
ボクは私の容量で、やっていかなければならないのだ。
たとえば、3枚買った、ラルフローレンキッズのポロシャツ。
3枚で15000円もした。15000円のコートも買った。総合3万円。
3万円もあれば、何が見込める?非常識悔しいじゃないか。
速く、着てあげたい。痩せて、着てあげたい。20キロ痩せて。
断捨離はむずかしい。まるで捨てられない。
事実への執着がすごいて、捨てられないのだ。
次に痩せたら、ラルフローレンで衣服を買おうかな。
どっちみち現時点、クローゼットの肥やしになっているのだから。メルカリで売ろうかな。
そしたら3000円ぐらいにはなるんじゃないか?それなら引け目も弱まるんじゃないか?お嬢様の酵素 取扱店

断捨離は酷いよ。なかなか捨てられないだし